車売る必要書類

車を売る時の必要書類は何が必要なのか?

愛車を手放す時に必要なものがあります。それは必要な書類など自分で用意しなければならないものがありますので、車買取査定の一括見積もりサービスを利用しながらでも、同時進行で用意していくことがオススメです。

 

車を買い換えるのであれば、2部用意した方が良いものもありますので、まずは何が必要なのかチェックしておくことが大事です。

 

車を売る際に必要な書類とは

自動車検査証

一般に車検証と言われているものです。車に常備していることが義務付けられているので、助手席の前にあるダッシュボードなどにしまわれていることが多くなっています。紛失してしまった場合は、最寄りの運輸支局に連絡をして再発行の手続きを早急にしておいたほうがいいでしょう。車検証なしでは車の売却ができませんので必ずチェックしておきましょう。

 

自動車納税証明書

通常5月末までに支払わなければならないのが自動車税です。自動車税を収めた証明書が無いと車検なども受けられず、当然車の売却もできません。支払っていない場合や紛失した場合などは、住民票が登録されている市役所、または区役所に問い合わせてください。

 

自賠責保険証

自賠責保険は強制保険とも言われ、車を所有するにあたり義務付けられている保険です。一般的に車検証と一緒に保管されていることが多くなっています。期限が過ぎていたり、保険証を紛失している場合は車の売却ができなくなります。紛失した際には早急に保険会社に再発行を依頼してください。

 

リサイクル券

自動車リサイクル法が出来てから必要になった書類で、車のリサイクル料を支払っているのかを証明する書類です。一般的に車検証と一緒に保管してあるものですが、紛失してしまった場合は、こちらのサイトから状況を確認して、プリントアウトしたものがリサイクル券の代わりになります。

 

所有者の実印

車の所有者の実印は、車の購入時にも使用しているもので、住民票がある市役所や区役所に印鑑登録をしている印鑑のことです。日本では不動産や車など大きな資産となるものの取引には必ず実印を使用します。また軽自動車の場合は認め印でも可能になります。

 

所有者の印鑑証明書

所有者の実印登録している印鑑証明書で、住民票がある市役所または区役所で発行してもらうことができます。印鑑登録証明書は発行後1ヶ月以内のものが2通ほど必要になりますので、前もって準備しておくよりも売却が決まってから役所に取りに行ったほうがいいでしょう。

 

委任状

委任状は殆どの場合、売却する買取店で用意されています。車を売却する際に名義変更などを委任するという証明書になり、実印を押す必要があります。

 

譲渡証明書

譲渡証明書も殆どの場合、売却する買取店で用意されています。車の譲渡を証明する証明書になり、実印を押す必要があります。

 

また購入後の転居などで、自動車検査証(車検証)と印鑑証明書の住所が異なる場合、別途必要になる書類もあります。ケースに応じて必要になる書類が違うのですが、主に住民票や戸籍謄本が別途必要になります。詳しくは車を売却する買取店に問い合わせて見てください。

関連ページ

車を売るなら相場で愛車の価値がどのくらいか調べる
新しい車に買い替えを考えたり、気になる中古車がある様な場合、今乗っている愛車を手放すことが殆どだろうと思いますが、車を売ることを考えた時には、あなたの愛車がまずどのくらいの価値を持っているのか調べる必要があります。
車を売るなら、どこがいいの?
あなたの愛車を売りたいと考えたとき、一番高く買い取ってくれる業者はどこなのか。それはあなたの車を欲しがっている業者が一番高く買い取ってくれると思いませんか?